野洲の事業所で14人 結核に集団感染

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
滋賀県のニュース

 

滋賀県野洲市の事業所で、結核の集団感染がありました。

 

滋賀県では、結核の集団感染は8年ぶりです。

 

 

滋賀県によると、2021年1月25日に野洲市の20代女性が結核の診断をうけました。

感染経路は不明だということです。

 

2021年4月に草津保健所が女性と接触のあった20人を調べたところ、13人が感染していたことが判明したそうです。

新型コロナウィルスの感染が落ち着いてきたから、検査したのでしょうか?

 

滋賀県では、オウム病の集団感染もありました。

 

新型コロナウィルスだけでなく、いろんな感染症がおこっていますね。

 

 

2021年7月2日の新型コロナウィルスの新規感染者は、4人。

落ち着いてきていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 関連記事

 

 

滋賀県東近江市の事業所で「オウム病」の集団感染

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました